amazonアカウントのサスペンド①

 

サスペンド(凍結)

 

こんにちは

今回はサスペンド(アカウント凍結)についてです。

 

Amazon輸出の仕組み を読まれた方は

 

このビジネスに魅力を感じた方、多いと思います。

損をせず売れてから仕入れて、在庫も無限に増やせる。

儲かる気しかしませんね。

 

事実です。本気でやれば間違いなく儲かるビジネスです。

 

ですが、参入者の8割近くは初めて3ヶ月程度で撤退するいわれています。

その原因が、サスペンド(アカウント凍結)です。

 

amazonにはさまざまな 規則 があります。

そして出品者を評価するさまざまな項目があります。

 

この規則を違反したり、アカウントの評価が悪くなるとサスペンドとなります。

おそらく初見で誰の師事もうけずに参入した場合、ほとんどが規則違反や評価の悪化でサスペンドされます。

初見殺しの理不尽なルールがたくさんあります。

輸出で儲け続けるにはサスペンドされないため、ルールの把握、リスクの回避が大事ということです。

今回はそこの部分の説明をします。

 

『Order Defect Rate』 とは

 

まず出品者は評価と呼ばれる項目があります。

これはお客様に5段階評価してもらうことで増えたり減ったりします。

1,2,3 までの評価をつけられると評価がさがります。

ですが、これはお客様が見れる評価のパーセンテージであり、サスペンドになる判断は別のアカウントヘルスという項目の悪化が原因になります。

悪い評価をつけられるとアカウントヘルスの

『Order Defect Rate』

という項目の

『Negative Feedback Rate が悪化します。

 

『Order Defect Rate』にはほかにも

『Filed A-to-z Claim Rate』 というレートがあります。

これはとてつもなく理不尽なアマゾンのシステムなのですが、また別記事で詳細は書きます。

 

最後にService Chargeback Rate という返金申請のレートもあり、

この3つの項目の数が全体の問題ない注文の1パーセントを超えた場合アカウントの審査が入ります。

 

99の注文が問題なかったとしても1つでもこのレートにひっかかると1パーセントです。

  • Negative Feedback Rate
  • Filed A-to-z Claim Rate 
  • Service Chargeback Rate 

この3つは1つの注文で複数くらうこともあります。

 

たとえば悪い評価をくらい、なおかつ返金申請された場合、一気に2つのレートが悪くなります。

 

昔は5パーセントを越えるまでとまる心配はなかったのですが、厳しくなり1パーセントを超えると行動計画書の提出を求められる場合があります。

私はとある国で提出を求められました。

 

私はサラリーマン時代に品質管理で働いてこともあり、是正報告書を作成することが多かったので、計画書を作成しすぐ復帰できましたが、その国の言語で行動計画書をつくり復活するのは簡単ではありません。

 

始めたばかりの方ならほぼ諦めると思います。

 

コンサル生の一人も別件で行動計画書の提出を求められ数ヶ月サスペンドを

食らった方がいました。

その方は行動計画書を何回もだしたのですが、認められず私が作成しなおし

なんとか復活できました。

 

amazonで稼ぎ続けるには経験や情報豊富なグループに入るのはとても有効です。

 

サスペンドを左右するこのレートですがまだあと4つあります。

次の記事では 『Cancellation Rate』 『Late Dispatch Rate』 

2つについて説明していきたいと思います。

 

↓↓この記事が少しでも参考になったら『いいね!』と『応援クリック』していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

にほんブログ村

世界の郵便事情(イタリア)

世界の『危険な』郵便事情

▶イタリア編

こんにちは
さあヨーロッパアマゾンで一番配送トラブルの多い国です。

イタリアですね。

とにかく追跡のない荷物はなくしてもいいと思っているんじゃないかって疑うくらい不着率が高かったです。

 

正直5パーセントくらいあったと思います。

 

そして税関強化中ということもあり、税関でストップするケースが頻発していました。

 

送るときは追跡必須、なおかつ早く送れるEMS発送必須です。

 

この税関強化期間が終わればまだマシになるかもしれませんが、リスクを考え早々に撤退した国でした。

 

また別の機会にアメリカ、カナダ、メキシコ、韓国、中国についても記載

したいと思います。

世界の郵便事情(ドイツ)
世界の郵便事情(スペイン)
世界の郵便事情(フランス)
世界の郵便事情(イギリス)

 

↓↓この記事が少しでも参考になったら『いいね!』と『応援クリック』していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

にほんブログ村

世界の郵便事情(ドイツ)

 

世界の『危険な』郵便事情

▶ドイツ編

こんにちは
さあここからはヨーロッパのよくない国になっていきます。

まずは『ドイツ』から

言わずと知れたEU最大の経済大国です。

メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンなどなど世界に名だたる一流企業が多くあります。

 

その一方で、ドイツ国内の郵便事情はあまり評判がよくありません。

ここ最近は若干ですが改善され、多少よくなったと聞きますが、まだまだ不着率が高くシーズン中はPメールの追跡発送必須で送っていました。

 

が、結局期限に間に合わない追跡がドイツに入国してからの情報が反映されない等、散々な目にあいました。
シーズンをさけるか、EMSメインや航空優先の発送方法での発送をする等したほうがよいかもしれません。

 

あと販売権、商標権の警告が一番来た国がドイツでした。

これでポリシー違反をくらうとヨーロッパアカウント全滅という洒落にならない事態に陥ります。

 

この対策については別の記事で書きたいと思います。

現状で言えることは、ドイツは裕福な国であるが、輸出対象としてはリスクをはらんでいるということです。

みなさんもお気をつけて!

世界の郵便事情(イタリア)
世界の郵便事情(スペイン)
世界の郵便事情(フランス)
世界の郵便事情(イギリス)

 

↓↓この記事が少しでも参考になったら『いいね!』と『応援クリック』していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

にほんブログ村

世界の郵便事情(スペイン)

 

世界の郵便事情

▶スペイン編

 

こんにちは

 

スペインという国はフランスによく似ています。

追跡なしでも商品は問題なく到着しますが、やはりクリスマスシーズン等になると遅延が数パーセントの割合で発生していました。
シーズン以外では追跡なしでの発送メインで問題ないと思います。

国民性なのかはわかりませんが、評価をつけてくれる方が多く配送トラブルにも寛容なイメージを持っています。

 

ヨーロッパのAmazon輸出を考えている方はぜひスペインも視野に入れてもらうといいと思います。

ではまた!

世界の郵便事情(イタリア)
世界の郵便事情(ドイツ)
世界の郵便事情(フランス)
世界の郵便事情(イギリス)

 

↓↓この記事が少しでも参考になったら『いいね!』と『応援クリック』していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

にほんブログ村

世界の郵便事情(フランス)

 

世界の郵便事情

▶フランス編

 

こんにちは

 

今回はフランスの郵便事情についてです。

フランスはイギリスに次ぎ不着率の少ない国です。

 

ですが、クリスマス前のシーズンになると少し遅れがでたりする印象です。

クリスマスシーズンの12月は追跡番号から検索しても反映がされていないケースが見受けられました。

 

時期や国ごとに発送方法を変えたり、また販売自体を休んだり、単価を高くしEMSなどの高速の発送方法を選択する等の戦略が必要になってくるかもしれません。

 

PCひとつで全てができてしまうアマゾン輸出ですが、実際に商品を購入するお客様がいて海をわたり商品が発送されています。

 

パソコンのモニターの向こうにはいつもお客様がいます。

この当たり前のことを考えることが生き抜くために大事なことなのかもしれません。

 

参考になれば幸いです。

世界の郵便事情(イタリア)
世界の郵便事情(ドイツ)
世界の郵便事情(スペイン)
世界の郵便事情(イギリス)

 

↓↓この記事が少しでも参考になったら『いいね!』と『応援クリック』していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

にほんブログ村