アマゾン評価取り消し、自動判定できないケース


こんにちは

今回は評価取り消しの自動判定でとおりにくいケースの対応についてです。

Arrived on Time Item as Described Customer Service

この3が重要であることは説明しました。

今回はArrived on Time のみYESの場合、

この場合 Item as Described  がこちらに非がないことを主張しなければなりません。

重要になるのはお客様のコメント欄です。

取り消しが難しいケースのコメントとして、

届いた商品が3GBのUSBを注文したのに、1GBのものであった等、

明確にこちらの非が記載されている場合は厳しいです。

逆に 届いた商品は私の望むものではなかった等 こういう記載の場合は

取り消せる可能性が高くなります。

Get support で 取り消しの主張の際、Product feedback: The entire feedback is a product review.

を選択し、商品の性能自体へのレビューであることを主張すれば

取り消せる可能性が高くなります。

アカウントを健全に保つためにはアマゾンのルールの範囲内でうまく立ち回ることが重要です。

完全にこちらが悪い場合の評価でも取り消せる裏技はあるのですが、それはまた会員専用コンテンツに

記載したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です